三重県の消費者金融のイメージ

学生時代の思い出

"苦学生という言葉があるように、学生というものはとにかく貧乏である。私も学業やサークル活動に時間を割いていたため、働いても大したお金は得られなかった。
有難いことに親からの仕送りでなんとかやりくりしていたのだが、残念ながら十分なお金は得ることができず、常にお金には困っていた。
となると、どうしても生活水準を落とすしかない。特に食費をかなり落とした。米は農家の息子の後輩から半ば奪うように戴き、醤油やソース、マヨネーズやケチャップがおかずだった。
時折忘れた頃にあるサークルのコンパではとにかく食べまくった。
洋服も最低限の服しかなくてほぼ毎日同じ物を着ていた。洗濯だって月に1回でそれも友人と共同で洗濯機を回すほどだった。
今は多少はマシな生活をしているが、その時の経験が今の自分を大きくしたように感じる。貧乏な時があったって悪くはないのだ。"


消費税を増税するかどうかは専門家が決めてほしい。

© 三重県の消費者金融. All rights reserved.