三重県の消費者金融のイメージ

全てを捨てて逃げる

お金を借りれないのに返済日はやってきます。

ついに電話も「返済お願いします」から
「おい!返済日はとうに過ぎとんのやぞ!今すぐ払え!」
に変わってきました。
もういつ会社に来られてもおかしくない勢い。
恐れているとついに・・・

上司「○○君」

僕「はい」

上司「今君に金を貸してると言う人が、上司である私に金を
   返せと言ってきたがどういうこ事や!」

僕「すいません実は・・・」

ここでどうせすぐにバレると思い、初めて上司に事情を話し
たのですが一言「今日は帰れ」でした。

翌日出社するとすぐに呼び出され。

上司「単刀直入に話すでな」

僕「はい・・・・」

上司「部長とも相談したが、お金を取り扱う仕事でもあるから
   今回のような事があると信用できないのは分かってもら
   えるな?」

僕「はい・・・・」

上司「君には辞めてもらう事になったから、荷物を今日中にま
   とめなさい」

僕(抵抗する気にもなれません)
 「はい・・・・」


完全に収入元も断たれました。
もうここからは会社を辞めた事をしった所から催促、督促の雨
あられ、もう電話も止められ、自宅にも帰れない・・・
こっそり帰ってみれば督促状の山になってました。

「もう逃げる」

この時点で金を借りた知り合い、友人、家族のすべてを捨てる
ハメになりました。

実際このあとは偽名でパチンコ店で働きました。
給料は20万そこそこ・・・

昔の給料よりはるかに少ない給料で不自由はしませんでした。
なくして初めて後悔し、がんばって5年がかりでお金を貯め
て知り合いや家族に借りたお金を返して少しずつ失った物を
取り戻しましたが自分の人生だけはもう後悔しても帰ってき
ませんでした・・・・

こうなる前に地獄の入り口でその愚かさにき付いていればと
本当に後悔しました。

現在は昔の借金を話し合いで無金利で毎月返済しています。
生活は苦しいですが、昔のように脅迫観念はないからすご
く楽に生活できています。

こんな経験しない為にも、最初の借金は得に考え、自分の身
の丈にあった生活をみなさんにもして欲しいとおもいます。


カードが使い物にならなくなった!

© 三重県の消費者金融. All rights reserved.