三重県の消費者金融のイメージ

貸せる人はほとんどいませんが、金融機関の社員としてなら貸せます。

"まず第一に仕事をしていることが確認されている人です。正社員でなくとも契約社員でもよいが、それぞれの推定所得に応じた金額を貸し出します。アルバイトはどうしても所得に限界があるため、レギュラーアルバイターの場合も2万円までしか貸せません。日雇いアルバイターの場合は500円程度でしょう。

それにしても、家族や親族以外の人に2万円を超える額を貸すときには、契約書を作ってサインと捺印を貰うと思います。2万円を超えて貸すのはなかなか難しいのではないかと思います。

次に、その人が人間的にどうかということや、自分との関係性がどうなのかという見極めでしょう。この人は信頼性があるのかどうか、家族や親族でも貸さない人には貸さないし、貸せる人に貸せます。貸せる人というのは、必ず返ってくるという確固としたものがあります。

少なくとも、仕事をしていて所得の十分ある人は、貸してほしいなどということは言いません。人に借りるまでもなく、十分に所得を得ています。

借りようとする人は、仕事に就いていないといった基本的には貸せない人なので、結局のところ貸せる人はいません。個人的に貸せる人というのは居ないということで、金融機関のような法的に処理できるようなお堅い契約書を交わして貸すのであれば比較的に貸せる人というのは増えるでしょう。金融機関なら、仕事としてやっているため、万が一返ってこなければ法的に訴えることもできます。また、そういう専門家が処理をするから、貸すという行為の仕事をすることで分担ができます。


"


ちょっとした借金の扱い

© 三重県の消費者金融. All rights reserved.